トライズ 六本木一丁目

東京六本木一丁目センターの基本情報

トライズ東京六本木一丁目センター

 

東京六本木一丁目センターは、旧赤坂センターから名称を変更した学習センター。(2017年3月1日変更)

 

 

六本木からも赤坂からもアクセスの良いセンターのため、しばしば新規受講受付をストップするほどの人気の高いセンターである。

 

 

 

赤坂サカス・TBSの真向いに位置するトライズ赤坂センター(赤坂2-14-27 国際新赤坂ビル東館2階)からは徒歩15分ほどの距離に位置する。

 

 

 

 

今回の記事では東京六本木一丁目センターへのアクセスと他の英会話スクールとの料金差について解説していく。

 

 

 

 

【東京六本木一丁目センター】

開校時間 火〜金13:00〜20:00・土曜10:00〜17:30
住所 東京都港区赤坂1-12-32 アーク森ビル西館30階
TEL 0120-971-568(平日:10:00〜18:00)

 

 

 

 


東京六本木一丁目センターへのアクセス

トライズ東京六本木一丁目センターへのアクセス

 

 

【最寄り駅】

 

  • 【赤ピン】トライズ東京六本木一丁目センター
  • 【青ピン】南北線「六本木一丁目駅」3出口より徒歩 約1分
  • 【緑ピン】銀座線「溜池山王駅」13出口より徒歩 約4分

 

 

 

【最寄りバス停】

 

  • 【赤ピン】トライズ東京六本木一丁目センター
  • 【青ピン】赤坂アークヒルズ前より徒歩 約2分
  • 【緑ピン】ANAICホテル東京より徒歩 約2分
  • 【紫ピン】六本木一丁目駅前より徒歩 約3分

 

 

 

【最寄り駐車場】

 

  • 【赤ピン】トライズ東京六本木一丁目センター
  • 【青P】アーク森ビル駐車場より徒歩 約1分(港区赤坂1-12-32)
  • 【緑P】タイムズ六本木2丁目より徒歩 約2分(港区六本木2-2)
  • 【紫P】リパーク 六本木2丁目第5より徒歩 約2分(港区六本木2-2-18)

 

 

 

 

 

 

公式ページはコチラからどうぞ

↓     ↓     ↓

 

 

 

 

 

 


トライズと他の英会話スクールの料金を徹底比較

トライズと英会話スクールの料金比較

 

トライズの料金は1年で100万円以上かかる。

 

 

この金額が「安い」と思えるならいいのだが、やはり高い。

 

 

 

 

トライズの費用がネックとなって、受講を見合わせてようと考えているかもしれない。

 

 

 

そこで今回は、トライズと他の英会話スクールの料金を徹底的に比較してみる。

 

 

 

あなたが英語を身につける際の、トライズと他英会話スクールで必要となる金額の目安としていただきたい。

 

 

 

それでは、まずトライズの料金をおさらいしてみよう。

 

 

 

【トライズの1年間の受講料】

受講料 98,000円×12ヶ月
入会金 50,000円
コンサルティング費 185,000円
合計 141.1万円

※2018年2月現在。税抜き表記。

 

 

 

トライズで英語をマスターするためにかかる時間は1年(1000時間)

 

 

そして、受講料は141.1万円となる。

 

 

 

 

トライズで学習する時間と金額を基準に計算していく。

 

 

 

 

 

トライズと一般的な英会話スクールの料金の比較

 

 

一般的な英会話スクールでは、グループレッスンとプライベートレッスンの受講がメインとなる。

 

 

 

英会話スクールの料金

(「みんなの英語ひろば」調べ)

 

 

 

 

 

トライズでは自己学習の他にネイティブ講師とのレッスンが週3回。

 

 

レッスン 時間 内容

グループレッスン

50分×週1回

ネイティブ講師1人と最大4人までのグループレッスン

プライベートレッスン

25分×週2回

ネイティブ教師とのSkypeを使ったプライベートレッスン

 

 

 

 

一般的な英会話スクールとほぼ同じ条件でレッスンが行われることが分かる。

 

 

 

 

この金額を単純に1年で計算すると、当然英会話スクールの方が安くなる。

 

 

 

ただし英語をマスターすると考えると、一般的な英会話学校では時間がかかることになる。

 

 

 

 

日本人が英語をマスターするために必要な時間

 

日本人が英語を身につけるためには2200時間必要と言われている。

 

だが、中学高校で英語の基礎は学んでおり、1200〜1300時間分の学習は済んでいる。

 

そのため、日本人が英語をマスターするために必要な時間はあと1000時間となる。

 

 

 

この点を踏まえ1回40分の英会話レッスンを毎週1回受けたとすると、1年で約35時間。

 

 

 

英語マスターに必要な時間

 

 

 

 

1000時間÷35時間=28.57年

 

 

 

つまり、1000時間を達成するまでに29年かかる計算になる。

 

 

 

 

これを元に計算してみると、それぞれの英会話スクールにかかる費用は次のようになる。

 

 

 

 

【英会話スクールで1000時間レッスンを受けた場合】

スクール 費用×かかる時間 総額

ECC外語学院

(3,200円×月4回)×12ヶ月×29年

4,454,400円

シェーン英会話

(3,901円×月4回)×12ヶ月×29年

5,430,192円

ベルリッツ

(3,675円×月4回)×12ヶ月×29年

5,115,600円

ノバ

(2,500円×月4回)×12ヶ月×29年

3,480,000円

 

 

グループレッスンだけを受けたとして、これだけの料金がかかることになる。

 

 

 

1コマ数千円は安いと思っていたら、驚くべき金額が出ているのではないだろうか?

 

 

 

 

トライズは1年に凝縮して学ぶため高い費用になるが、総額で考えると妥当な金額と言える。

 

 

 

 

 

 

トライズとコーチング系英会話スクールの料金との比較

 

それでは次に、トライズと同系統のコーチング系英会話スクールとの比較をしてみよう。

 

 

 

 

コーチング系英会話スクールの料金

(「ビジネスマン向けの英会話勉強法」調べ)

 

 

 

 

 

コーチング系英会話スクールは、たいてい2〜3ヶ月のコースとなることが多い。

 

 

 

その理由として、トライズのように初心者をターゲットとしておらず、中級レベル以上を対象にしているからである。

 

 

 

仮に1年間通ったとして計算すると次のようになる。

 

 

スクール 1年の費用に換算 料金

ALUGO

198,000円×6

1,188,000円

RIZAP ENGLISH

50,000円+(450,000円×4)

1,850,000円

ENGLISH COMPANY

50,000円+(450,000円×4)

1,850,000円

レアジョブ本気塾

243,000×4

972,000円

 

 

コーチング系英会話スクールとの比較においても、トライズが飛びぬけて高いわけでもないことが分かる。

 

 

 

トライズとライザップ・イングリッシュの違いについてはこちらの記事⇒

 

 

 

 

 

だからといって、140万円という金額が安いわけではない。

 

 

 

そのためトライズでは一括払いにすると、割引と保証付きで受講を開始することができる。

 

 

 

 

【トライズ費用一括払いの割引と特典】

受講料割引
  • 6ヶ月一括払い:受講料から5%の割引
  • 12ヶ月一括払い:受講料から10%の割引
全額返金保証
  • 万が一サービスに満足できなかった場合は、受講開始後1ヶ月まで全額返金保証が付く。
無料延長保証
  • 1年間学習したにもかかわらず成果が出なかった場合、3か月間無料で受講期間延長を受けられる。
途中解約返金保証
  • 受講開始後1ヶ月以降に途中解約を希望した場合、残りの期間の受講料を全て返金してもらえる。

※2018年2月現在。

 

 

 

 

さらに時期によってはキャンペーンを実施しており、割引などの特典を受けることができる場合がある。

 

 

 

当記事投稿時には、受講料から総額15万円の割引となる学習応援キャンペーンを実施している。

 

 

 

決して安い金額でないからこそ、せっかくトライズで受講するならこのようなキャンペーンは積極的に利用していただきたい。

 

 

キャンペーン内容 月額受講料の総額から150,000円割引
条件 無料カウンセリング当日の12ヶ月一括プラン申込み
対象期間 2018年2月1日〜2月28日

 

 

 

 

1年で目標の英語力まで引き上げる「トライズ」のキャンペーン内容を見てみる⇒