トライズ 英語

なぜトライズで1年学べば英語マスターを実現できるのか?

トライズ1年で英語をマスターする

 

 

トライズは1年で英語をマスターできる。

 

 

 

 

この言葉を聞いて「それは無理だ!」と声を大にして言いたい人がいるはずだ。

 

 

それは一般的な英会話学校に何年も通って、英語が話せない人。

 

 

 

 

しかしトライズでは、本当に1年だけで英語で自由に話せる人を輩出している。

 

 

しかも全受講生中96.9%という圧倒的な達成率でだ。

 

 

 

なぜ他の英会話学校では難しいことを、トライズでは実現できるのだろうか?

 

 

 

 

 

今回の記事では、トライズの受講で英語をマスターできる苦手克服の3つのカリキュラムと、2つの継続できる環境について解説していく。

 

 


トライズの英語学習が日本人の苦手を克服できる3つのカリキュラム

トライズのカリキュラム

 

日本人は英語が苦手、まぎれもない事実だ。

 

 

 

原因は、「文法中心の詰め込み方式」だとよく言われる。

 

 

これは間違いではないが、理由はそれだけではない。

 

 

 

 

日本人が英語をマスターする前に立ちはだかる、3つの日本人特有の壁があるからだ。

 

 

 

 

トライズで英語をマスターできるのは、日本人が苦手とすることに対して的確なカリキュラムが組まれているからである。

 

 

 

 

トライズの英語講座で苦手を克服1:日本人は英語を聞き取れない

 

日本人は英語を聞き取れない

 

 

そもそも日本語と英語には母音の数が違う。

 

 

  • 日本語:約5音
  • 英語:約16〜20音

 

 

 

そのため、日本人には母音がはっきりと聞きづらい。

 

 

 

例えば、Hello。
「ハロー」ではなく、「ヘロー」に近い。
しかも完全に「ヘ」でもなく、「ヘ」と「ハ」の中間のような音である。

 

 

 

聞き取れないから、カタカナ表記の「ハロー」とみんな言っているのだ。

 

 

 

 

 

さらに、日本の英語学習は9割が読み書きに偏っている。

 

 

これは高校や大学受験が筆記試験であることの弊害ともいえるが、そのお陰で英語を耳にする機会がほとんどない。

 

 

 

 

そこでトライズでは、シャドーイングでリスニングを鍛えるのだ。(週5回:約10時間)

 

 

 

これまで英語を聞く時間が圧倒的に少なかったため、毎日2時間、英語のシャワーを浴びる。

 

 

 

 

通勤中や休憩中の音楽代わりに聞くだけであるし、動画も見れるから飽きない。

 

 

 

 

 

他社の英語教材になるが、「聞き流すだけ」というリスニング教材がでているのは、この点においては一部理にかなっているのだ。

 

 

ただし、聞き流すだけでは英語は話せるようにならない。

 

 

 

 

 

 

トライズの英語講座で苦手を克服2:日本人は思ったことを伝えられない

 

日本人は思ったことを伝えられない

 

 

聞くだけで英語が話せるようになるならこれほど簡単なことはないが、残念ながら口に出さなければ話せない。

 

 

これは耳で聞くのと思ったことを口に出して伝えることは、全く異なるからである。

 

 

 

 

そのため、トライズでは毎日1時間をスピーキングで鍛える時間に充てている。(週5回:約5時間)

 

 

 

 

 

このときに、あなたの目的に沿った専用教材を使うから、モチベーションが下がりにくい。

 

 

医療従事者には医療系の教材を、ITに興味があればIT関係に沿った教材を、と専属のコンサルタントと打ち合わせたものを使用できる。

 

 

 

 

つまり目的のための英語を、講座を受けながら同時に学べるのである。

 

 

 

 

 

そして、最後の難関を克服するためのカリキュラムが次だ。

 

 

 

 

 

トライズの英語講座で苦手を克服3:日本人はシャイで自分を出さない

 

日本人はシャイ

 

 

日本の国民性もあるが、日本人は自分の意見を出そうとしない。

 

 

この点も日本の英語教育が読み書きに偏っている理由もあるだろう。

 

 

 

 

ただし、せっかく聞き取れる力を付け自分の言いたいことを伝えるトレーニングをしても、コミュニケーションがとれないと意味がない

 

 

 

 

トライズでは、「プライベートレッスン」と「グループレッスン」という別々の講座を取り入れることで、この弱点を克服していく。

 

 

 

 

プライベートレッスンで1対1では話せても、みんなの前で自分の意見を言えなければ意味はないためグループレッスンを活用する。(週1回:50分)

 

 

逆にグループレッスンであなたに足りないと思われる点は、プライベートレッスンで補うことができる。(週2回:25分/回)

 

 

 

 

 

 

 

【聞く×話す×コミュニケーション】

 

 

 

 

これが1つでも欠けると、英語をマスターしたことにはならない。

 

 

 

トライズでは全てを同時進行で進めていけるので、短期間で身につくのだ。

 

 

 

 


トライズの英語カリキュラムを続けられる要因

トライズが続けられる要因

 

はっきり言って、トライズの英語カリキュラムはどの英会話学校よりも厳しい。

 

 

 

英会話学校に通うことを目的としているわけではなく、英語を自由に話せるようになる目的を達成するためである。

 

 

だから当然甘くはない。

 

 

 

 

 

しかし、厳しい環境に身をおかないと身につかないのは、あなた自身がよく分かっていることではないだろうか?

 

 

 

そのためトライズでは挫折しないためのサポートが手厚い。

 

 

 

手厚すぎるというレベルだ。

 

 

 

 

 

レベルアップを実感できる(話せるようになるのが実感できる)

 

 

トライズでは毎月1回Versantという英会話テストを使い、定期的にレベルチェックが行われる。

 

 

そこで点数として明確にレベルアップしているのが分かるために、モチベーションが続く。

 

 

 

 

 

実際に開始30時間(約10日)でも、受講生自身が以下のような違いを実感できている。

 

 

継続できている感覚が楽しくなったし、自分でも思ってもみなかったスピードで英語を話せるようになっていることに驚いています。

 

 

だいぶ慣れてきて、英語を聞くということや話すということに抵抗がなくなってきています。30時間やっただけでこんなにも変わるんだな、という感覚があります。一歩踏み出してみたら意外とスッと始められました。

 

 

私もずっと英語を勉強したいなと思っていたんですが、独学でやってもなかなか進まなかったり続かなかったりしたんです。でも1日3時間必ず勉強しなければいけないというトライズを始めて、最初は大丈夫かなと思っていたんですが、学習がドンドン習慣化していって、辛くなく続けられています。

 

 

 

 

このことからも、 レベルアップを実感できることがモチベーションの維持につながることが分かる。

 

 

 

 

ここで、「Versant(ヴァーサント)」という聞きなれないテストについて話しておこう。

 

 

 

Versant(ヴァーサント)とは

 

VERSANT English Testでは、Ordinateのテストシステムが受験者に対して一連の質問をネイティブの会話速度で音声により提示します。

 

質問は、さまざまなアクセントやスピーキングスタイルを持つ複数のネイティブスピーカーにより録音されています。

 

「英語を聞いてから英語で話す」といった形式をとるこれらの問題では、発話をリアルタイムで理解し、的確に処理する能力が必要とされます。

 

つまり、リスニングテストとスピーキングテストが分かれているテストでは測れない、「英語を聞いてから英語で話す」という実際のシーンに沿った英語コミュニケーション能力を測ることができるのです。

 

VERSANTとは

 

 

 

 

つまり従来の英語のテストとは違い、

 

 

  • 英語で聞く
  • 英語を理解する
  • その場で英語で答える

 

 

と、会話することを重視したテスト内容になっている。

 

 

 

これまではTOEICや英検などのテストではスコアが高くても、実際には会話ができないというギャップが生まれていた。

 

 

Versantは点数がそのまま英語の会話力になるため、本当の実力が図れるのである。

 

 

 

トライズ受講生のVersant点数

 

 

 

全員が全員これだけの伸びを示すわけではないが、わずか1ヶ月でも英語で話せるようになる。

 

 

 

それなら楽しくてたまらなくなるのは、容易に想像できるのではないだろうか?

 

 

 

 

サポートが手厚い

 

 

トライズでは専属のコンサルタントが付き、1年間サポートする。

 

 

 

受講がスタートする前にコンサルタントと目的(ゴール)を明確に定め、そのための学習方法やスケジュールの進め方などを事細かに面談する。

 

 

 

 

専属コンサルタントには、学習の進捗状況「何をどのくらい学習したのか」について毎日メールで報告する。

 

 

 

担当者からは進捗に対してのフィードバックやアドバイスをもらいながら進めていく。

 

 

これを全営業日に行うのだ。

 

 

 

トライズのサポート

 

 

 

 

 

マンツーマンレッスンをウリにしている英会話学校は多いが、担当者が毎日進捗を確認するなど他には聞いたことがない

 

 

その上で2週間に1回は面談と小テストを行い、英語学習状況のチェックやスケジュールの調整などをサポートしてくれる。

 

 

 

 

モチベーションが下がっていれば励ましてくれ、伸びに悩みがあれば相談に乗ってくれる。

 

 

 

  • スケジュール通りに学習を進められているか?
  • 英語の学習につまづいてはいないか?
  • 不安に感じていることはないだろうか?

 

 

 

常に見てくれている人がいるのだから、続けられて当然。

 

 

 

 

ここまで後押しできるから、継続率91%と最初から最後まで続けられるのだ。

 

 

 

あなたも「続けられれば話せるようになる」。これまでそんな風に思っていたはず。

 

 

 

  • 英語を自在に操って外国人とビジネスができる
  • 日本を飛び出して海外で優雅に暮らす
  • 昇進や転職でキャリアアップができる

 

 

 

トライズで1年続けるだけで英語が話せるようになれば、明るい未来が開けてくる。

 

 

 

いかがだろうか?

 

 

これほど付きっきりでサポートしてくれるなら、あなたも続けられそうではないだろうか?

 

 

 

 

 

公式ページはコチラからどうぞ

↓   ↓   ↓

 

 

 

 


トライズで英語を克服するためにかかる費用

トライズの費用

 

トライズは英語に慣れ親しむために通う英会話学校ではない。

 

 

 

  • 英語が話せるようになれればいい
  • 空いている時間に学習したい
  • 聞き流すだけで英語を身につけたい

 

 

 

残念ながら、こんな人にはトライズには向かない。

 

 

 

コンサルタントがアドバイスしてくれるとは言え、1日3時間の確保をして学習するのはあなたなのだから。

 

 

とはいえ、あなたは一人でゴールを目指すわけではない。コンサルタントも全力であなたのサポートに当たる。

 

 

 

 

だからトライズの金額は安くはない。

 

 

 

 

【トライズ1年間の受講料金】

項目 料金
受講料 98,000円×12ヶ月
入会金 50,000円
コンサルティング費 185,000円
合計 141.1万円

※2018年2月現在。税抜き表記。

 

 

 

 

 

ただし、あなたが本気で取り組むなら、責任をもって英語を身につけるための全力のサポートが待っている。

 

 

 

そのため、トライズでは3つの保証もつけている。

 

 

 

 

【トライズの3大保証】

全額返金保証 万が一トライズのサービスに満足できない場合、受講開始後1ヶ月以内であれば無条件で全額返金が受けられる。
無料延長保証 1年間しっかり学習しても成果が出なかった場合、3ヶ月受講期間を無料で延長できる。
途中解約返金保証 受講開始から1ヶ月過ぎた後に途中解約する場合、残りの期間の受講料をすべて返金が受けられる。

 

 

 

上記の保証は、6ヶ月一括・12ヶ月一括支払いのみの特典ではあるが、絶対に英語を身につけさせるというトライズの自信と覚悟が見える。

 

 

 

 

 

これで出来ない理由はなくなったのではないだろうか?

 

 

 

 

 

今なら秋葉原センターOPEN記念で入会金無料+10万円割引のキャンペーンを実施中だ。
(2018年1月31日まで)

 

 

今なら2月の英語学習応援キャンペーンを実施中で、月額受講料の総額から150,000円割引がつく。(無料カウンセリング当日の12ヶ月一括プランお申込)
対象期間:2018年2月1日〜2月28日

 

 

 

記事投稿時点での内容ではあるが、最新のキャンペーンは公式サイトで確認してみてほしい。

 

 

 

【弱点を克服できるから成果が出る】1年英語マスタープログラム「トライズ」の公式サイトを確認してみる⇒